セルフマネジメント・瞬間の選択

セルフマネジメントの最小単位

セルフマネジメントにおける最小の単位は瞬間です。

瞬間から瞬間の間に何が起きていて、どんな経験をしているのかを自分が理解し、その体験から自分が何を感じどんな結果を得ているかを理解することからセルフマネジメントは始まります。

人は死ぬまで瞬間の連続で生きています。私たちの人生は瞬間の連なるまとまりからから成り立っています。

起きてから寝るまでの瞬間はどれくらい?

私たち人間は、生まれてから死ぬまで瞬間の連続で生きているのです。

各瞬間を約3秒とすると、1日は2万8千800瞬間あるのです。
心理学者のミハイル・チクセントミハイとブランドン・ソレンソンは1日は寝ている時間を除くと20000瞬間くらいだと推定しています。

2010年のハーバードの研究によると私たちは約半分の瞬間を気落ちしていたり、ぼんやりして過ごしたりしていると言います。
つまり、半分の10000瞬間をどのように捉えて反応するかが人生で得られる結果に大きく影響するということです。

私たちが対処できることはその瞬間に起きていることだけで過去未来と今この瞬間に変えることはできません。

人はいまこの瞬間から次に起きる事象の瞬間まで反応し決定し、行動し何かを結果として得ています人生はこの繰り返しです。

今までとは違った結果を望むのであれば瞬間に着目しなければいけないのです。つまり選択を変えることです。

瞬間の選択が大局に繋がっていることを考えて行動していますか?
新たな結果は新たな瞬間の選択肢からしか生み出せない、つまりセルフマネジメントとは瞬間のマネジメントとも言えるのです・

人の特性を理解し変化を起こすきっかけを作る方法はたくさんある、しかし瞬間にフォーカスしているものはほとんどない

望む結果を得るためのプロセスIRマップ=インテンションリザルトマップ
今ある望んでいない結果を望んでいる結果につなげるロードマップです。

私たちが最も注目すべきことは今手にしている望んでいない結果が望んでいる結果を手に入れるための情報であるということです。

望んでいない結果をもたらす要因

そもそも望んでいない結果は何によってもたらされているか?1つはサバイバル反応(情動反応)1つはマインドレスネスマインドフルネスの反対です。

1、サバイバル情動反応

私たちは何かに脅かされた時、強い感情に支配されて、論理性や社会性が失われた状況で放り出されます。身体が傷つけられた、予算が切られた、プライドが傷つけられた、自分の能力以上の仕事をしつけられたということも脅威となり得ます。

脅威に直面すると脳が示す選択肢は「攻撃するか」・「逃げる」・「隠れるか」で、相手のことを考えるとか柔軟に対応するとか創造性を発揮するとか寛大に振る舞うという選択肢は吹き飛んでしまいます。

そのような状況にあるときに人は望んでいない結果につながりやすい行動をとってしまう傾向があります。

2、マインドレスネス

マインドフルネスと反対の状態です。人間の思考感情の90%は無意識的で自動的なパターンに支配されている頭に浮かんでくるあれやこれやに気を取られ目の前のことに全く意識が行っておらずしかもそのことに気がついていない状態です。

人間の知覚能力には限界があります。脳はその限られた能力を効率よく使うため思考や行動をパターン化する傾向があります。
例えば朝起きて無意識に歯を磨く、いつも同じ電車の同じ車両の同じ場所に乗るというルーティンが生まれるのは脳にとってそれが楽だからです。

一方でこの脳の性質は私は〇〇すべき、あの人はこう思っているに決まっているという思い込みを生み出し、つまり思考もパターン化したほうが楽だからマインドレスになればなるほどこういった思い込みが入り込む余地が増えていきます。

サバイバル・情動反応/マインドレスネスは日常的に私たちの判断能力を奪い、可能性を狭めているそして気づかないうちの望んでいない結果を引き寄せていのです。

望んでいる結果を手に入れるには

ここまで、私たちの意識の90%は無意識の行動を取り、

その行動の多くは取り止めもないことに囚われていること。

サバイバル情動反応という、自分に危害が及んだと感じると、脳が無意識に自己防衛反応を取るために、創造性を発揮し寛大な態度を取ることができないこと。

マインドフルネス、注意が散漫な状態で無意識の状態のこと。 ぼんやりして、 集中力がない状態にあること。

以上の理由から、いま自分がどんな状態であるかを認識することがとても大切になってくるのです。

先に書いた「セルフマネジメント(自己理解)・望む結果を手に入れる」で自分の感情に向き合うことで外に向きがちな意識を自分に向けること、

ここでは解説はしませんがIRマップ(下のアドレスをクリックそちらでダウンロード可能)を使って、望まない結果を手にしているのはなぜか?、望む結果を手にするにはどうするのか?いま手にしている結果という情報を頼りに、マップに書き出して望むけ結果に近づいていく行動指針を作っていく作業が必要になります。

行動指針と瞬間のマネジメントを合わせることで自分の感情と向き合い、未来予測が可能であるリズムという人生の法則により身に起こることに対処をすることで、最適な行動を取ることが可能となり、最短であなたが望む結果を手にするのです。

ただし、これを合わせてだけでは何も起きません。行動するという訓練をすることで、望む結果に近づくことが可能になってくるのです。

今回も長くなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

参考文献 ドラッカースクールのセルフマネジメント教室
     出版社 プレジデント
     [著]ジェレミー・ハンター(Jeremy Hunter)
     [著]稲墻 聡一郎(Soichiro Inagaki)
     [序文]井上 英之(Hideyuki Inoue)
https://presidentstore.jp/category/BOOKS/002360.html
https://bit.ly/2ywE7DM
   

園池 涼一