自己理解とは自分取扱説明書を作ること

承認欲求が満たされない

株式会社ロジック・ブレイン コンサルティング
パートナーの園池です。

今回は、自己理解というお話です。

私はキャリアアドバイザーをさせていただいているのですが、
ご相談者の全てがご自身を理解されていません。

これは、日々の振り返りをしていないことから起こります。
振り返りをすればできるようにはなってきます。

さて、私が受けるのは転職のご相談ですので、
「自分が何をしたらいいのかわからない」
「自分が何ができるのかわからない」
「人間関係が良くない」から
「今のままでは先が見えない」
そんなご相談をいただきます。

多くは承認欲求の欠如から転職へとなります。
この欲求が満たされると、
現状でがんばりますとなり、離職は回避されます。

この欲求が満たされないと自分を活かせる、
フィールドを求めて離職となっていきます。

理解していなければ、このループは続く

転職して新しい職場に行っても、
同じことが繰り返されることは間違いないです。

自分のことを理解し、本当にしたいことを見つけられていないからです。

また、承認欲求が満たされなくなり、
転職へとなっていくのだろうなあということが予想されます。

そして、仕事がつまらなくなる。
でも、夢中になれる仕事ならどうでしょうか?

競争という社会の中で生き抜くことを考えれば、
いまの仕事でコンピテンシーを高めるより、
なんでもやれる時に色々試してできるだけ早く
夢中になれる仕事を見つける方がよい。

夢中になれる仕事見つけるには?

自分の取扱説明書を作る

自分のことを理解することから始まります。
人の生まれ持った個性は変わりにくいものと、
環境により変わる部分があります。

行動遺伝学によると、性格は遺伝的要因が半分と
環境的要因が半分と学術的に示されています。

ここで自分の変わりにくい部分と
環境により変わる部分がわかればどうでしょう。
・自分の仕事のタイプ
・TODO
・優先順位、価値観
・仕事における役割
また上記のような自分の志向性や特性がわかれば、
自分を生かせる場所が見つけやすくなります。

自己理解は自分自身の取扱説明書を作ることなのです。

ロジック・ブレインは性格分析のシステムです。
その分析結果と過去の自分の歴史を振り返ることで、
自分のしたいことや、できることが見えてきます。

この不確定のいまだからこそ、
ブレない自分でいることが大切です、

自分に何ができるのかがわかるから、
自分のしたいことにつなげられるのです。

自己理解すれば、他者理解ができる

自分の取扱説明書ができるということは、
他の人にも自分とは違う取扱説明書があるということです。

タイプ別に対応できることも可能となります。

ロジック・ブレインでは人のタイプを3タイプに大別しています。

・チームや仲間のために頑張るタイプ
・インセンティブや自分のタイミングで頑張るタイプ
・感覚的にブランドや仕事の大きさで頑張るタイプ

私は理性タイプというチームや仲間のために頑張る気質なので、
インセンティブやブランドや仕事の大きさで仕事でがんばるということはほとんどないです。

つまり、どんな価値観で仕事をするのかがわかれば、
他者のモチベーションがどの部分にあるのかがわかることで、
声のかけ方がわかるのです。

話を聴く立場に立つのか、
話す立場に立つのかでコミュニケーションの質を上げることが可能です。

こんな経験ないでしょうか。

なぜこの人の話は入りやすいのに、
あの人の話は入りにくいのかと疑問に思ったことは
ありませんでしょうか。

これって、話の入る法則があるからなのです。

こんなこともわかれば、もっと円滑なコミュニケーションが可能になります。

VUCAの時代だからよりよく生きてもらいたいので
こんな企画をやります

自分の取扱説明書が作りたい方に分析シートをプレゼント!!!

下記のアドレスをクリックしていただきますと分析シートが作成できます。
https://bit.ly/3mUBHWd

必要項目を埋め、入力内容を送信を押していただき、質問にお答えくださいませ。
氏名の欄には本名を記入して下さい。
分析結果をお送りする際にお名前が一致しないと
お送りすることができません。

・コミュニケーションの取り方に悩んでいる
・自分に何ができるのをかを知りたい
・自分の能力や得意な仕事の役割を知りたい
そんな方がいらっしゃれば、
分析シートを利用した無料相談も承っております。

分析シートもしくは無料ご相談をご希望の方は、
自分取扱説明書を作るをクリック